提案概要に対して

提案概要に記したように、次のような事業コンセプトと施設概要、イメージ図が公表されていました。

平塚市「見附台周辺地区整備・管理運営事業(A・Cブロック)に係る優先交渉権者の決定」より

 

平塚文化芸術ホール(ひらしん平塚文化芸術ホール)」はまだオープンしたばかりであるため、評価できることに限りがあります。

そこで、その他を中心に検討してみます。

 

■高評価となるもの

  • 西側に芝生広場として公園を整形化

 

見附台公園、見附台緑地は、更地に近い状態でした。

今回の事業によりトイレ棟や遊具などが設置され、整形されました。

 

■評価が難しいもの

  • 日常利用と滞在を促す商業店舗
  • 生活関連店舗で生鮮食品・日用品の調達が容易化

 

A2ブロック、Cブロックに計画されていた商業エリアは、「アクロスプラザ平塚見附」となり、次のような店舗が導入されました。

MACHIcafe+ローソン

くら寿司

焼肉きんぐ

オーケー Discount Center

大村楽器店

エニタイムフィットネス

平塚デンタルクリニック

 

スーパーや飲食店など、賑わっているように見えます。

ただ、郊外型の店舗を平塚駅西口から徒歩圏の中心部に持ってきたようにも見え、本当にそれでよいものか評価が難しいです。

 

■低評価となるもの

  • 旧東海道から望め、景観ガイドラインに即した落ち着いた外観
  • エリア中央に地域コミュニティを育むカフェを誘致

 

商業エリアには巨大な看板が設置され、落ち着いた外観とは言えません。

新型コロナウィルス禍の影響もあったとのことで、カフェはコンビニに変わりました。

地域コミュニティを育むということは、やや期待ができにくいです。

 

平塚文化芸術ホールの建物のデザインも、今のところ評価が高くありません。

外観は、簡素で無機的な印象を受けました。

 

もっとも、平塚文化芸術ホールで大事な点は、「文化の創造拠点」としての機能と認識しています。

例え、ハードとしての平塚文化芸術ホールの評価が低かったとしても、ソフトとしての評価が高かったとしたら、全体として及第点を超えられると考えられます。

 

プログラムの充実などにより、ソフトとしての平塚文化芸術ホールを今後どれだけ高めることができるかが、見附台周辺地区整備全体の評価を左右することになりそうです。

カテゴリー: 見附台周辺地区 | 提案概要に対して はコメントを受け付けていません

見附台周辺地区整備の振り返り

新文化センターは「平塚文化芸術ホール(ひらしん平塚文化芸術ホール)」と名付けられ、2022年3月26日にオープンしました。

 

見附台周辺地区整備は、概ね完了したようです。

整備事業により、この地区は次のように変わりました。

 

整備前 整備後

 

幾つかの切り口で、振り返りを実施してみようと思います。

 

カテゴリー: 見附台周辺地区 | 見附台周辺地区整備の振り返り はコメントを受け付けていません

東海道本通り線等景観整備で気になった点

東海道本通り線等景観整備は、2022年3月時点で文化芸術ホールがある東海道本通り線北側を中心に進められました。

この時点で気になった点について記します。

 

■歩行者ゾーン、自転車ゾーンの分離による歩道上の歩行者と自転車の共存

 

計画通り、「歩行者と自転車の通行スペースを舗装材の色や素材、フットサインで区分」して整備されました。

「歩行者」「自転車」「歩行者・自転車混在」です。

 

しかし残念ながら、この区分が守られている姿は、今のところほとんど目にしません。

特に、自転車が歩行者ゾーンを通らないよう意識しているとは、思い難いです。

 

今後、文化芸術ホールの利用者等による通行が増えることが見込まれ、また高齢化が進む社会状況の中、歩行者や自転車が関係するトラブルの温床となる環境整備になったのではないか懸念されます。

 

■崇善公民館前交差点の横断歩道の撤去

 

崇善公民館前交差点の西側で南北を繋ぐ横断歩道橋が撤去され、代わりに横断歩道が設置されました。

これは計画で案内されていたので想定通りでしたが、東側の南北を繋いでいた横断歩道が撤去されていました。

 

こちらは、完全に予想外でした。

しかし改めて計画図を確認すると、確かに横断歩道がありませんでした。

平塚市「東海道本通り線等景観整備 道路デザインの概要」より

 

無論、何らかの理由があると考えられるものの、合理的な理由は思い当たりません。

横断歩道がなくなった後でも交差点の東側で東海道本通り線を渡る人の姿は目にしており、地域の交通の利便性や安全性、マナーは低下したのではないかと考えます。

 

■東海道本通り線南側の整備

2022年3月時点で、文化芸術ホールがある東海道本通り線北側は、整備が行われました。

一方、東海道本通り線南側は、整備されていません。

 

平塚市の「東海道本通り線等景観整備 道路デザインの概要」では気づきませんでしたが、「東海道本通り線景観整備・道路デザイン素案説明資料」では東海道本通り線南側歩道の整備は「令和4年度~7年度整備予定」と記されていました。

平塚市「東海道本通り線景観整備・道路デザイン素案説明資料」より

 

無電柱化と電線共同溝の整備が計画されているため、このような計画となったようです。

理解はできる一方、文化芸術ホールを始めとする施設が誕生するのに合わせた景観整備としては、片手落ちの印象を受けました。

 

■関係URL

カテゴリー: 見附台周辺地区 | 東海道本通り線等景観整備で気になった点 はコメントを受け付けていません

東海道本通り線等景観整備

見附台周辺地区整備によって文化芸術ホールを始めとする施設が誕生するのに合わせて、東海道本通り線(市民プラザ前交差点~見附台周辺地区)と見附町7号線において、歩道の美装化や無電柱化等の景観整備が行われることになりました。

平塚市「東海道本通り線等景観整備 道路デザインの概要」より

 

良好な道路空間形成を目的とした景観整備は、望ましいです。

しかし、歩行空間と自転車の走行空間の整備では、問題があるように考えています。

 

歩道の整備計画として、最終的には次のように決定されました。

平塚市「東海道本通り線等景観整備 道路デザインの概要」より

 

見附町7号線では、歩行は歩道、自転車の走行は車道となっており、歩行者と自転車が分離されています。

一方、東海道本通り線では、歩行者は歩道の歩行者ゾーン、自転車は歩道の自転車ゾーンを通行するとなっており、歩行者と自転車を歩道上に共存させることになりました。

 

正確には、通行位置の明示により、歩行者と自転車を分けようとしています。

平塚市「東海道本通り線等景観整備 道路デザインの概要」より

 

しかし、こういった方法でうまく行っている例は、残念ながら耳にしていません。

平塚市内でも「プラザロード」や「さくら通り」など幾つかの歩道で歩行者と自転車の通行位置の明示が行われていますが、守られているとは言い難いです。

 

平塚市自転車活用推進計画」では、「自転車走行空間の整備形態」が示されています。

この「整備形態の選定基準」を踏まえると、東海道本通り線では「自転車専用通行帯(自転車レーン)」の整備を目指すのが適当のように考えます。

平塚市「平塚市自転車活用推進計画」より

 

歩行空間と自転車の走行空間に関して、市民意見でも複数の指摘がありました。

ですが、道路の再配分は行わず、このような計画となったとの回答でした。

平塚市「東海道本通り線景観整備・道路デザイン素案説明資料」

 

以前より市内でも歩行者と自転車の通行が多い通りでしたが、近年は地区整備に伴うスーパーの開業などによって更に多くなった印象です。

加えて、文化芸術ホールのオープンによる来訪者も増える見込みということで、歩行者や自転車に関するトラブルの増加が懸念されます。

 

また、見附町7号線は自転車は車道走行、東海道本通り線は歩道(自転車ゾーン)走行可ということで、ちぐはぐな印象を拭えません。

歩行空間と自転車の走行空間に関して、平塚市でも日本でも、より一層本気で考える必要があるのではないでしょうか。

 

■関係URL

カテゴリー: 見附台周辺地区 | 東海道本通り線等景観整備 はコメントを受け付けていません

浜岳地下道

県道61号に沿って、東海道本線の線路を潜る地下道です。

 

全長で200メートル前後になりそうな通路です。

歩行者と自転車が通行できるようになっています。

 

線路を潜る構造のため、下りと上りの坂があります。

勾配は、きついというほどではないものの、それなりの角度があります。

 

この地下道が危険であるのは、自転車がスピードを持って下ってくるためです。

通路幅が限られるため、どうしても近接した通過になります。

 

特に恐ろしいのは、歩行者の背後から自転車が追い抜くケースです。

歩行者が気づかず、接触される(ぶつけられる)危険があります。

 

地下道の管理者も危険性は承知しているようで、自転車から降りて通行するよう案内は出されています。

ですが、それに従う自転車の割合は、残念ながら少なそうです。

 

区間が長いため、自転車を降りずに通行したいといった心理は、理解はできます。

とは言え、あまりにも危険なので何らかの対策が必要であろうと考えるのですが、構造的に変えにくいということで長年手が付けられずにいるように見ます。

 

同様の問題は、1本西側の地下道でも起きています。

カテゴリー: 危険箇所 | 浜岳地下道 はコメントを受け付けていません