現在の課題(海岸林の伐採)

湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備に関して、現在、住民の反発があるとなっています。

2020年12月29日の日本経済新聞・朝刊でも取り上げられており、「市は海岸林の伐採を前提に計画するが、一部の市民らは『津波の緩衝効果が弱まる』などの理由で見直しを訴える。」「両者の主張は食い違いが目立ち、溝が埋まる気配はみえない。」と報じられています。

 

反発側の市民は、海岸林には津波の威力を和らげる効果があるので、伐採に異を唱えているとのことです。

一方で平塚市は、海岸林に津波の威力を和らげる効果は大きく期待できないと述べます。

 

どちらの言い分も、それなりに理解できます。

ただ、話の前提として、どの程度の津波が来た時の話をしているのかといった重要な点が、欠けている気がします。

 

平塚市津波ハザードマップ」によると、海岸林の北に位置する国道134号を越えた地域の浸水の深さは、0.3~1.0メートルなどとなっています。

想定する津波は、2~3千年かそれ以上の発生頻度の、神奈川県が想定する最大クラスのものとのことです。

 

今回の話がこれを上回る津波を想定したものであれば、海岸林に大きな効果を期待するのは厳しいと思われます。

そうでない津波の場合は、検討されている施設が、その津波に対してどの程度の影響を及ぼすのか検証・シミュレーションすべきではないでしょうか。

 

反対の市民の方達の言葉を見ると、龍城ケ丘プール跡地を活用すること自体に対しては、反対ではないのかと考えられます。

市と市民できちんと話し合い、よりよい跡地活用となることを期待しています。

カテゴリー: 湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン | 現在の課題(海岸林の伐採) はコメントを受け付けていません

追加情報

2020年5月、当事業に関して、市民意見の募集が行われました。

その際、計画提案概要の発表がありました。

平塚市「湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備計画提案概要」より

 

従来は「レストラン」となっていた箇所は、「BBQレストラン」に変わりました。

また、24時間営業のコンビニエンスストアの提案があり、協議しているとありました。

 

「カフェ」「コンビニ」「BBQ」は、「パークPFI三種の神器」とも呼ばれるそうです。

カフェは以前から計画にあり、これで揃ったことになります。

 

設置等予定者候補の決定段階の気になる点として、事業費に対する効果を挙げました。

年間来場者数について懸念があったのですが、解消に向けて期待されます。

 

国道134号線は、車の交通量が多いものの、コンビニはあまりありません。

広い駐車場もあるため、利用ニーズは高いと考えられます。

 

ただ、120台分の広さがある一方、小型トラックなどには対応できないと聞きました。

こういった車両の通行は多いと考えられ、この点は新たに気になるところです。

 

■関係URL

カテゴリー: 湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン | 追加情報 はコメントを受け付けていません

事業費に対する効果

設置等予定者候補(優先交渉権者)から提案された計画では、平塚産の農産物などを扱うマルシェ棟、ピクニックなどに利用できる芝生広場、多目的スペースのスポーツフィールドといった施設で構成されています。

 

平塚市の発表では、施設の目標年間来場者数は、およそ70万人です。

単純計算で、一日平均2千人程度となります。

 

この施設がそれほどの集客力を持つか、正直なところ判断が難しいです。

ただ、決して楽なハードルではないと考えられます。

 

この事業において平塚市が負担する事業費は、約14億5千万円です。

特定公園施設の整備費が約9億円、道路・下水道の整備費が約1億円、特定公園施設の維持管理費が約4億5千万円と案内されています。

 

設置等予定者候補(優先交渉権者)の提案では、特定公園施設の建設に要する費用が10億円で、その中で平塚市に負担を求める額は9億円となっています。

年間指定管理料は22,702,500円で、平塚市が負担する管理運営費は19,845,606円となっています。

事業期間は工事着工から20年間のため、このような金額になるのかと思われます。

 

(設置等予定者候補(優先交渉権者)の提案は、「グループ4」)

平塚市「湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備・管理運営事業に係る設置等予定者候補及びその次点の決定」より

 

多額の投資を行い、長期間続く事業です。

平塚市民と市外から来る人にとって本当に魅力的で活用される施設となるよう、十分に検討を重ねる必要がありそうです。

 

■関係URL

カテゴリー: 湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン | 事業費に対する効果 はコメントを受け付けていません

選定プロセス

「湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備・管理運営事業 評価基準書」によると、事業応募者から提出された提案書等は、選定委員会が審査すると案内されています。

 

審査は、「基本的事項の適格審査」と「公募設置等計画の審査」の2段階です。

平塚市「湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備・管理運営事業 評価基準書」より

 

2020年3月4日に発表された「湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備・管理運営事業に係る設置等予定者候補及びその次点の決定」においても、そのように審査・選定が行われたと記されています。

 

この「平塚市公募対象公園施設設置等予定者選定委員会」は、「学識経験者等の外部委員及び市の職員を構成員として設置された」となっています。

具体的な構成員は、次の通りです。

平塚市「湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備・管理運営事業に係る設置等予定者候補及びその次点の決定」より

 

見附台周辺地区整備」の「気になる点」の「選定プロセス」でも記したように、第三者的な委員会を設けて客観的に審査するというのは、公平・公正の観点からは正しいようにも見えます。

 

しかし、選定委員会の構成員は、大部分が学識経験者等の外部委員です。

そのような構成の選定委員会が優先交渉権者を決定したということで、本当に平塚市民の民意を反映していると言えるのか、難しいところがあるのではないでしょうか。

 

本来なら、選定委員会の少なくとも半数は、内部委員で構成すべきかと考えます。

また、平塚市民を代表するものとして、市民によって選ばれた市長や議員等が関係するのが適当かと思われます。

(もっとも、副市長は、市長の代理という位置づけでしょうか)

 

■関係URL

カテゴリー: 湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン | 選定プロセス はコメントを受け付けていません

気になる点(設置等予定者候補の決定段階)

湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備に関して、2019年8月22日から整備・管理運営事業の公募が実施されました。

2020年1月29日には、設置等予定者候補(優先交渉権者)及びその次点が決定され、公表されました。

 

この段階で、気になる点を記します。

 

カテゴリー: 湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン | 気になる点(設置等予定者候補の決定段階) はコメントを受け付けていません